暑い日にさっぱり食べたい!ヘルシースイーツ【ヨーグルトくず餅】

ヨーグルトくず餅
管理人玄米
こんにちは!若返り食習慣管理人の玄米です♪

今日の関東は雨模様…少し肌寒いですが、

これから夏に向けてさっぱりと召し上がっていただきたいヨーグルトくず餅のつくり方をご紹介します。

 

発酵フードメーカーでつくったヨーグルトと、
フードメーカーに付属のレシピを参考にしてつくってみました。

 

とりあえず、材料のくず粉を見て動きが止まりますよね…。

 

「くず粉なんて使ったことない!」

 

はい、わたしも実はくず粉を使ったレシピは初挑戦だったので
くず粉についても併せてお伝えしていきますね(*^^*)

 

この記事を最後まで読むと

・くず湯のつくり方がわかる
・ヨーグルトくず餅のつくり方がわかる
・くずの効果についてわかる
・くずの漢方薬としての使われ方がわかる

以上の効果が期待できます。

 

くず粉とは?

くず粉とは、山野に自生するつる性の多年草。くず粉とするのは根の部分のでんぷん。

成長が早く、繁殖力が強い植物。とろみづけや和菓子などに古くから使われていました。

とろみがあるので取り入れるとカラダが温まり、ダイエットにくず湯を使ったり、

断食前後に取り入れられたりするそうです。

 

一般的なくず湯のつくり方

葛湯はくず粉に水を加えて溶かし、熱を加えて温めたもので、

甘みとしてはちみつや砂糖などが加えられています。

火にかける前にくず粉と水をしっかり混ぜた後、

弱火で練りながら熱を加えるのがポイント。

ふつふつして透明になってきてから更に2分程加熱してください。

割合は、くず粉大さじ1に対して200cc

を基準に好みで固さを調整してください。

 

 

 

くず粉の効果

くず粉には、ステロールという成分が含まれており、

ステロールを摂取することで、コレステロール値が抑えられる効果があるそうです!

古くから血行を良くする効果があると言われていますが、

からだが温まり、整腸作用もあると言われています。

 

漢方薬としてのくず

くずは漢方薬としても用いられ、”葛根湯”には、文字通り、葛の根が含まれています。
(その他の生薬も含まれる)

発汗を促し、風邪の諸症状や慢性の肩こりや頭痛にも用いられるそうです。

漢方薬ですが、急性に用いる薬ということで、少し注意が必要かもしれません。

 

参照サイト 漢方のツムラ

 

材料と作り方

材料
ーヨーグルトくず餅ー
ヨーグルト 300g
牛乳 150ml
くず粉 50g
砂糖 50g

ーオレンジソースー
オレンジ1/2~4/3個→皮を剥いてミキサーでつぶす
グラニュー糖 大さじ1

オレンジとグラニュー糖を火にかけ、
とろみが出たら火を止める。

【手順】
1.鍋にくず粉と牛乳を入れ、よく混ぜる

2.1.にヨーグルトと砂糖を入れ、さらに混ぜる

3.材料を常にかき混ぜながら弱火にかける

4.へらに重みが出た後に更にかき混ぜ、
材料に白さとツヤが出たら見極め時

5.バットや容器に移して粗熱をとり、
表面にラップをして冷蔵庫で半日寝かせる

6.切り分けたくず餅にオレンジソースを乗せ、
ミントを乗せて完成♪

 

つくり方を動画で確認

まとめ

いかがでしたか?くずってとっても有能な植物ですね!

・くず湯のつくり方がわかる
・ヨーグルトくず餅のつくり方がわかる
・くずの効果についてわかる
・くずの漢方薬としての使われ方がわかる

上記のことに詳しくなりましたね!

秋冬にカラダを温めたいときにはもちろん、

梅雨時期や、夏にクーラーでカラダがだるい時にも

取り入れていただけたら嬉しいです(*^^*)

 

ところで、くず粉ってどこで手に入るのでしょう…?

わたしはスーパーで購入しました!

STAY HOMEで粉類が品薄ですが、

恐らく…くず粉は売り切れることはないと思います(;^_^A

 

それでは、本日の最後までお読みいただきありがとうございます。

食べ物を効果的に取り入れて、若返りの食習慣を一緒に身につけていきましょうね(*^^*)

 

ホットヨーグルトの効果とレシピ

効果的な腸活!ホットヨーグルトって知ってますか?

発酵フードメーカーを使ったチーズやヨーグルトつくり

発酵フードメーカーって何が作れるの?【IDEA Label】を使った感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人の玄米です。35年間肉を食べずに生活してきました。 二児の母で、産後太りで体重が減らないことに悩んでいた時期がありましたが、衣食住を変えることにより、スッと痩せることが出来ました。 最近では発酵食を生活に取り入れ、頑丈で病気にならないカラダが自慢です。